toggle
2016-08-12

錦松梅風ふりかけ

父の病院で付き添う為にいつもの電車に乗ると、時々出くわす親子がいる。

お母さんは70歳くらいにお見受けする小柄な女性。息子さんは体格はよく180センチはあるかもしれない。少し知的障害をお持ちなのであろう。時々奇声を発するので、その度に、お母さんは、息子さんをなだめたり、童謡を歌ったり。「まいごの、まいごの子猫ちゃん・・・・」

何十年もそうして寄り添ってこられたのであろう。お母さんの顔は穏やかで、にこやかで頭がさがります。たまたま私の息子二人は健常者ですが、どの家族にも起こりうること。お互いに支え合う社会にしたいですね。

そして私のライフワークは食卓の笑顔が少しでも多くなるお手伝いをすること。

今日ご紹介するのは、手作りのふりかけ。玄米ご飯にふりかけてくださいね!

こどもたちも大喜び!

こどもたちも大喜び!

<材料>作りやすい分量

  • 花かつお・・・・・50㌘
  • 刻みこんぶ・・・・10㌘
  • キクラゲ・・・・・10㌘
  • 白炒りごま・・・・30㌘
  • (A)
  •  砂糖      45㌘
  •  みりん     大サジ2
  •  醤油      100cc
  •  酢       大サジ1

<作り方>

  1. 花かつおをフライパンで空煎りし、粗熱が取れてから手でもんで粉にします。
  2. 刻みこんぶはひたひたの水で戻しておきます。キクラゲも戻して、細切りにします。
  3. かつおのフライパンに(A)の調味料を入れ、②も加えて水分がなくなるまで炒めます。
  4. ごまを加えて、さらさらになるまで炒めます。
マイルドな味なのでたっぷりかけても大勝負ですよ。

マイルドな味なのでたっぷりかけても大丈夫!

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です