toggle
2016-09-04

明石のり香る玄米天むす

もう少し涼しくなると、運動会や行楽のシーズンになりますね。

・・・となるとお弁当!!

息子たちが小学生の運動会には必ず天むすを入れてやりました。

塩むすびと並べて、天むすを入れるとぐっと高級感ますような・・・

お母さん気合入れてるんだから、午後の部もがんばりやー、みたいな(笑)

今日は、賞品で頂いた明石のりで巻いてみました!

天むすの時は、絶対”焼き海苔”で巻いてくださいよ。

味付け海苔で包むと、せっかくのエビと青のりの香りが消えてしまいますから・・。

塩を効かした衣で揚げたエビ、青のり、焼き海苔の香りが天むすの命!

塩を効かした衣で揚げたエビ、青のり、焼き海苔の香りが天むすの命!

レシピコンテストの賞品で頂いた明石のりで巻きました!明石のりおいしいですよ。

レシピコンテストの賞品で頂いた明石のりで巻きました!明石のりおいしいですよ。

<材料>

  • エビ(中)・・・・12尾
  •  塩、酒     少々
  • 玄米ご飯・・・・・約500g
  • 焼き海苔
  • 揚げ油
  • (衣)
  •  小麦粉    大サジ7
  •  水      大サジ4〜5
  •  塩      小サジ3/4
  •  薄口醤油   小サジ1
  •  酒      小サジ1
  •  こしょう   多めに
  •  青のり    大サジ1/2

<作り方>

  1. エビは殻と背ワタを取る。尾の先を包丁で切り取る。
  2. 衣の作る。小麦粉に水を大サジ4を加える。他の材料をすべて加えた後、固ければ加減をしながら残りの水を加える。(もったりとする衣を作る)
  3. エビに②の衣をつけて、揚げ油でカラッと揚げる。
  4. 1個につき40gの玄米ご飯でエビを入れて三角おにぎりにして、焼き海苔で巻く。
是非玄米ご飯でにぎってね!

是非玄米ご飯でにぎってね!

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です