toggle
2016-09-27

旨だしがからむ鶏の治部煮

仕事が随分忙しくなってきたので、なかなか行けないのだけど、週に1、2度は実父の介護に大阪に通っています。

母、義姉、兄、私でシフトを組んで一週間をやり繰りしています。

みんなの協力があってこそ、なんとかやっていけますね!ありがたいです。

まだ父が元気で晩酌をしていた頃は、この治部煮をよく食べてくれました。

作るのが簡単なので、母にも作り方を覚えてもらって・・・・。

煮汁を煮立ててから鶏を入れるのがポイントです。片栗粉をはたいているので、お肉が柔らかく仕上がります!

煮汁が冷たいうちに鶏肉を入れると、はたいた粉がうまく肉に絡みません。

煮汁が冷たいうちに鶏肉を入れると、はたいた粉がうまく肉に絡みません。

父がよく食べてくれました!

父がよく食べてくれました!

<材料>

  • 鶏もも肉・・・・・300〜350g
  •  塩、少々 酒、大さじ1/2
  • 人参・・・・・・・1/2本
  • しめじ・・・・・・100g
  • 生姜・・・・・・・1片分
  • 三ッ葉・・・・・・適量
  • (煮汁)
  •  出し汁   300cc
  •  酒     50cc
  •  みりん   大さじ2
  •  砂糖    大さじ1
  •  醤油    大さじ3
  • 片栗粉・・・・適量

<作り方>

  1. 鶏肉はひと口大に削ぎ切りする。塩と酒で下味をつける。
  2. 人参は千切り、しめじは根元を落とし、小房に分ける。生姜は皮をむいて千切りにする。三ッ葉は3センチ長さに切る。
  3. 鍋に酒とみりんを火にかけアルコール分を飛ばす。出し汁、砂糖、醤油、生姜を加えて煮立てる。
  4. 鶏肉に片栗粉をまぶしながら③の鍋に入れる。鶏肉の色が変われば、人参としめじを入れて、5分ほど煮る。仕上げに三ッ葉を散らす。

 

青いものを少し添えて・・今日は三ッ葉です。

青いものを少し添えて・・今日は三ッ葉です。

 

箸おきを器に揃えてみました!

箸おきを器に揃えてみました!

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です