toggle
2016-10-15

艶やか手羽先のオイスター煮

先日、夫が亡くなってちょうど四十九日に当たる日に、お義姉さん夫婦がお経を上げに来てくださった。

いつも、何かとお世話になることが多かったけど、一人の生活になると、益々こころ強い存在になりますね。

私も一日仕事だったので、おもてなしは出来なかったけど、「手羽先のオイスター煮」を作ったら、お義兄さんがとても気にいってくれて・・・・。

「ちゃんとあの世に行けたかなぁ・・・」

「大丈夫、大丈夫、今日のお経で行けたよ!」とのお姉さんの言葉に励まされたました。あ〜よかった!!

 

焼き目をつけた後、分量で煮るだけなので、思ったより簡単にできますよ!

焼き目をつけた後、分量で煮るだけなので、思ったより簡単にできますよ!

<材料>

  • 手羽先・・・・・10本
  •  酒、醤油   各大さじ1/2
  •  生姜の薄切り・2〜3枚
  •  小松菜・・・・1/2束
  •  サラダ油・・・大さじ1
  • (A)
  •  水     300cc
  •  酒     50cc
  •  みりん   大さじ2
  •  砂糖    大さじ1
  •  オイスターソース 大さじ1
  •  醤油    大さじ1
  •  ごま油   小さじ1/2

<作り方>

  1. 手羽先は関節より先を切り落とし、酒、醤油で下味をつけ20分ほどおく。
  2. 中華鍋に油を熱し、①の鶏肉を両面こんがりと焼く。
  3. ②に( A)の水、酒、みりん、砂糖と生姜の薄切りを加えてしばらく煮る。途中、オイスターソースと醤油を加えて水分がほとんどなくなるまで煮る。
  4. 仕上げに照を出すために煮詰め、ごま油を加える。
  5. 塩ゆでするか、炒めた小松菜と一緒に、④を盛り付ける。
手羽中に2本ある骨と骨の間に包丁を少し入れておくと、身離れが良くなります。

手羽中に2本ある骨と骨の間に包丁を少し入れておくと、身離れが良くなります。

 

仕上げは煮詰めて照を出してくださいね。美味しそうでしょう!?

仕上げは煮詰めて照を出してくださいね。美味しそうでしょう!?

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です