toggle
2016-11-20

抹茶ぜんざい

先週、コーブこうべ・協同学苑にて「森半」の屋号でおなじみの株式会社共栄製茶協賛の講座がありました。

私が抹茶を使ったスイーツをご紹介した後、みなさんに実習していただき、森半さんがお茶のミニ講座をしてくださいました!

・お茶は、95℃くらいの熱湯を湯のみに入れてから急須に入れると適温になる。

・一人分は2gで、二人分は4g、3人分以上になると少しずつお茶の量を減らしていくといいそうです。

質問も多かったですよ。

「お茶屋さんで一番大変なことは?」・・・お茶を飲む方がどんどん減っていること。そうなんだー!急須がない家も増えているそうですね。

「保存に気をつけることは?」・・・・早く使い切ることが一番ですが、冷蔵、冷凍保存した場合常温に戻して使うこと。冷たいまま封をあけると茶葉に水滴がついて湿気てしまうので、必ず常温に戻るまでは口を開けないのがいいそうです。温度差を繰り返しても茶葉にはさほど影響はないそうですよ。ポイントは湿気を寄せ付けないことですね。

森半さんからのお茶や紅茶のお土産もたっぷり、実習したケーキ1/2台、抹茶プリン1個お土産付き。もちろんあずき抹茶ケーキと抹茶ぜんざいの試食もたっぷりと!

みなさんが満足いただけるいい講座でした!森半さんありがとうございました!

お茶の香りにほんのり甘さをつけて!

お茶の香りにほんのり甘さをつけて!お客様のおもてなしに!

<材料>一人分

  • 抹茶・・・・小さじ1/2
  • 砂糖・・・・小さじ1/2
  • あずき缶・・50g

<作り方>

  1. お椀に抹茶と砂糖を入れて、熱湯を入れて溶かす。(茶せんがあれば茶せんでお茶をたてるように!)
  2. あずきを入れる。お好みで白玉団子や焼き餅を入れると美味しい。
関連記事

コメント1件

  • ゆうこりん より:

    お疲れさまでした(^O^)/
    ホント、受講生さんに満足いただける内容だったと思います!
    営業のMさんもとっても感じの良い方で、また次もお願いしたいですね〜
    春の協賛講座もよろしくお願いしますo(^_-)O

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です