toggle
2016-11-27

銀行員時代の思い出で茶粥

銀行に勤めていた頃同僚だった玲子ちゃんからお花が届きました。

喪中ハガキを見て、「何かしたくて・・・」と。

ありがとうございます。

玲子ちゃんは男性行員から営業部一の人気ものでした!

お花ありがとう!玲子ちゃんは男性行員から営業部一の人気ものでした!お花をもらったから言うのではないよ〜笑

最後に会ったのは、玲子ちゃんの結婚式かしら???30年以上前になりますね。

奈良の橿原神宮で執り行なわれた結婚式!

白無垢姿の玲子ちゃんとともに、玲子ちゃんそっくりのお父様が嬉しそうで、寂しそうで、目が真っ赤になっていたのを今でも思い出します!!

玲子ちゃんは、寿退社で、私は一足先に「フードコーディネイターになりたい」と銀行を辞めていました。周りに惜しまれながら・・・・ほんまかいな??

その頃の夢を今も持ち続けられたことは、周りの人々に恵まれていたんだなぁとつくづく思います。

今日は奈良に住む玲子ちゃんを思いだして茶粥を紹介します。

玄米から炊くのではなしに、玄米ご飯で炊きました。玄米はおかゆにしてもふやけず、時間をおいても美味しいですよ!

玄米から炊くのではなしに、玄米ご飯で炊きました。玄米はおかゆにしてもふやけず、時間をおいても美味しいですよ!

<材料>

  • 玄米ご飯
  • ほうじ茶

<作り方>作り方というほどではないけれど・・・

  1. ほうじ茶を鍋に注ぎいれる。玄米ご飯を加えてコトコトと炊く。(ほうじ茶と玄米ご飯の割合はお好みで)
  2. 玄米が柔らかく炊き上がれば、塩少々を加える。梅干しや佃煮を添えて・・・。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です