toggle
2017-03-01

桜海老香る春の手毬おにぎり

月が変わり今日から3月・・・。

4月からの生活がそろそろ決まる時期ですね。

次男も決まってしまいました留年が。。。。

仕事中に珍しく息子からの電話。

『お母さん、ごめん』と声を詰まらせてる。

経済的な負担がさらに一年延びるのが、私に申し訳ないと言う。

『お母さんは大丈夫だよ!仕送り頑張るよ!』

『でも人の命を預かる仕事だから、そう簡単にはなれないんだよ。なってはいけないんだよ!勉強してたとは思ううけど、お医者さんになれるほどの努力ではなかったのかもしれないね・・・』

留年は残念だけど、久しぶりに息子とじっくり話せてちょっびり嬉しかった母です。

いつか白衣で患者さんと向き合う息子を楽しみに、さぁ、もう少し私もがんばるかぁ・・!

菜の花と桜で春をぎゅーっとにぎりました!

菜の花と桜で春をぎゅーっとにぎりました!ちょっと落ち込むことがあっても、少しウキウキしますよ!

<材料>10個分

  • 玄米ご飯・・・・500g
  • 桜海老またはアミエビ・・・・10g
  • 茹でた菜の花の穂先・・・・・10本
  • 桜の花・・・・・10輪
  • ゆで卵の黄身・・1個分

<作り方>

  1. 桜海老は乾煎りして香りを出す。炊き立てのご飯に混ぜる。(お好みで塩を加えてもよい)
  2. 桜の花の塩漬けは塩を洗い流して10〜20分ほど水につけ、塩気を加減しながら抜く。
  3. ゆで卵の黄身は裏漉す。
  4. ①のご飯を10等分にして丸いおにぎりにする。黄身の裏漉しをつけ、菜の花と桜の花をのせる。ラップで軽く整える。
卵の黄色、菜の花の緑、桜の花のピンク。綺麗でしょ!?

卵の黄色、菜の花の緑、桜の花のピンク。綺麗でしょ!?

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です