toggle
2017-05-12

お味がしっかり春雨に染み込む中華サラダ

連休が明け、今月の料理講座も始まっています!

昨日はコープこうべ『元気キッチン!健康レシピ♪』の教室でした!

目からウロコ、のレシピとしては、中華サラダでしょうか!?

春雨を戻してから和えるのではなくて、調味液で乾燥したまま煮て作ります!

「春雨にしっかりお味がついて美味しい!」

「戻して作っていましたが、味がつかないからどっぷりとドレッシングをかけていました・・」

「汁が出なくて、お弁当にいいですね!」など皆さんの声です。。

春雨をさっと水をぐぐらすとハサミで切りやすくなります。

春雨をさっと水をぐぐらすとハサミで切りやすくなります。

<材料>

  • 春雨・・・・・・60g
  • キクラゲ・・・・1枚
  • 人参・・・・・・50g
  • きゅうり・・・・1本
  • カニかまぼこ・・50g
  • ハム・・・・・・4枚
  • 錦糸卵・・・・・1個分
  • (A)
  •  水       220cc
  •  砂糖・酢   各大さじ1
  •  薄口醤油    大さじ1,5
  •  ごま油     小さじ1
  • (ピリ辛甘酢)
  •  薄口醤油・米酢  各大さじ1
  •  砂糖       大さじ2/3
  •  豆板醤    小さじ1/4〜1/2
  •  ごま油      小さじ1

<作り方>

  1. 春雨はさっと水をかけてハサミで食べやすく切る。キクラゲは水で戻して千切りにする。人参、きゅうり、ハムは千切りにする。カニかまぼこはほぐしておく。
  2. 鍋に(A)の材料を入れ、春雨、キクラゲ、人参を入れて中火にかけて蓋をして煮る。水分がなくなればそのまま蓋をして冷ます。
  3. ②が完全に冷めれば、他の材料を加えてピリ辛甘酢で和える。
人時とキクラゲは春雨と一緒に煮るので、お鍋一つでできますよ。水分がなくなってまだ春雨が固い時は、水を適量足してくださいね。

人参とキクラゲは春雨と一緒に煮るので、お鍋一つでできますよ。水分がなくなってまだ春雨が固い時は、水を適量足してくださいね。

講座でアシスタントをしてくださっているFさんが、菊菜の花を持ってきてくださった!菊の花ではなくて、おひたしにして頂く菊菜(春菊)の花です!!

講座でアシスタントをしてくださっているFさんが、おひたしにして頂く菊菜(春菊)に花が咲きましたっと言って持ってきてくださいました!!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です