toggle
2017-07-08

あさりとトマトのドリア

私の周りで玄米に興味を持ってくださる方が増えて喜んでいます。

玄米のいいところは、食物繊維やビタミンB1、ビタミンEなど白米に比べて多いのはもちろんですが、乱れがちな食生活を、大きく道から外れないように引き戻してくれるところ。。。

よく噛んで玄米を食べていると、最後に口の中に玄米の表皮の部分が残ります。

この部分がなんといっても味がある。

そして、この味に合う食材を自然と選んでいるように思う。

トマトの赤が夏らしい。。

トマトの赤が夏らしい。。

<材料>

  • あさり・・・・・200g
  • ワイン・・・・・50cc
  • スーパー玄米・・240g
  • 玉ねぎみじん切り・・1/4個分
  • ブイヨンの素・・1本
  • トマトジュース・200cc
  • 塩・・・・・・小サジ1/3〜1/2
  • こしょう・・・少々
  • バター    大サジ1
  • (ホワイトソース)
  •  バター     30g
  •  小麦粉     20g
  •  牛乳      2カップ
  •  塩       小サジ1/3
  •  こしょう
  • プチトマト・・・・適量
  • ナチュラルチーズ・・60g
  • パセリのみじん切り・・適量

<作り方>

  1. あさりはワインと一緒に鍋に入れて火にかけて蓋をして火を通す。身と煮汁に分けておく。身の2/3は殻を外しておく。残りは飾り用に残す。
  2. スーパー玄米を炊飯器に入れる。トマトジュース、あさりの煮汁、水を足して2合の水加減にする。(お好みで増やしても良い)しばらく置いておく。
  3. ②の炊飯器にブイヨンの素、塩、こしょう、バターも加えて炊き上げる。炊き上がれば、あさりの身を加える。
  4. ホワイトソースを作る。鍋にバターを溶かし振るった小麦粉を焦がさないように弱火で炒め、牛乳を加えて少し煮詰める。
  5. 耐熱に器にピラフを入れ、殻付きのあさりとホワイトソースを流す。半割りのプチトマトを飾り、チーズを散らして、180℃のオーブンで10〜15分焼く。
    パセリをふる。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です