toggle
2018-04-04

満開の桜に玄米鯛茶漬け

自宅の前の小さな公園の桜も満開です!

車で移動していると咲き誇る桜並木に圧倒され、

「今年もありがとう。。」とつぶやいてしまいます。

刺身用の桜鯛が手頃な値段で売っていたので、刺身と塩焼きに。

極め付けは、タレに漬け込んだ刺身を温かいご飯にのせていただく鯛茶漬けですね!

桜の頃は、ココロもウキウキ!食欲モリモリ!

桜の頃は、ココロもウキウキ!食欲モリモリ!

<材料>4人分

  • 鯛刺身用・・・・4人分
  • (タレ)
  •  醤油     大さじ3
  •  煮切り酒   大さじ1
  •  煮切りみりん 大さじ1
  •  炒りごま   大さじ1
  •  練りわさび  少々
  • (だし)
  •  鯛のアラ    1尾分
  •  昆布      10センチ角1枚
  •  塩       小さじ3/4
  •  酒       小さじ1
  •  薄口醤油    小さじ1
  • 玄米ごはん・・・・4人分
  • 三つ葉・・・・・・適量

<作り方>

  1. 鯛のアラを使って出しをとる。鯛のアラは熱湯をくぐらせて冷水に取り、鱗や血合いを綺麗に取りのぞく。鍋に昆布、鯛のアラ、5カップの水を入れて中火弱にかけ沸騰直前に昆布を取り出す。火を弱めアクを取りながら10分ほど煮る。
  2. 刺身用の鯛は食べやすく削ぎ切りにし、タレに10分ほど漬け込む。
  3. ①の鯛のだしはこして4カップを計る。塩、酒を加えて煮立て最後に薄口醤油を入れて火を止める。
  4. 炊きたての玄米ごはんを器に盛り、②の鯛をのせる。食べやすく切った三つ葉散らして、熱々の③のだしをかけていただく。
脂ののった鯛でおいしかったです!ごちそうさまでした!!!

脂ののった鯛でおいしかったです!ごちそうさまでした!!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です