toggle
2018-08-14

お盆の一品に茄子と胡瓜の常備菜

お盆のど真ん中。

お墓には、涼しいうちにと朝早くから大勢の方がお参りに来られてました。

今日は、茄子と胡瓜を切って漬けるだけの常備菜です。

そうめんの付け合せや、豆腐のトッピング、もちろんごはんのおともにも最高です。

刻み昆布やごまの他、めかぶや鰹節を加えても良い。

<材料>

  • きゅうり・・・・150g
  • なす・・・・・・150g
  • みょうが・・・・2個
  • 大葉・・・・・・5枚
  • 生姜・・・・・・1片分
  • 水・・・・・・・2カップ
  • 塩・・・・・・・小さじ1
  • きざみ昆布・・・・8〜10g
  • すりごま・・・・・適量
  • (A)
  •  砂糖     小さじ2
  •  酢      小さじ2
  •  醤油     大さじ1.5〜2

<作り方>

  1. きゅうり、なすは7ミリ角に切る。みょうがと大葉は粗みじんに、生姜はみじん切りにする。
  2. 水2カップに塩を溶かして、①の大葉以外の材料を加えて5分ほどさらす。ざるにあげて15分ほど水切りする。
  3. ②をボウルに移し、砂糖を加えて5分ほどおく。次に酢と醤油を加え、刻み昆布、大葉、すりごまを加えて味をなじませる。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です