toggle

私が玄米を薦める本当のわけ

玄米は白米に比べ、ビタミンB1,ビタミンEが豊富に含まれているのも嬉しいところ・・・・。

でも私が玄米を薦める一番の理由は、玄米に含まれるフィチンが体内に入ってフィチン酸になり、これまた豊富に含まれる食物繊維と相まって、強力な解毒効果を発揮することです。

玄米にある超デトックス効果!私は癌になりにくい体を作っていくと信じています!

玄米にある超デトックス効果!

フィチン酸には、農薬、化学肥料、食品添加物など体の中に不要な物を体外に出してくれる作用があると言われています。

現代は、体に悪いものを一切摂らないというのは不可能に近いのです。

私たちの住む大気も想像以上に汚染されているかもしれないし、

農薬、化学肥料を全く使わない野菜を全て揃えるのも難しいと思われませんか?

食品添加物も今の食品流通においては、メリットも多いのです!

だから悪いものをシャットアウトするのではなく、

体に入った悪いものをできるだけスムーズに出す、出す、出す!

だから玄米なのです!!

 

 

そして、玄米を薦める本当のわけを書く日がとうとうきちゃった⤵︎😂・・・。

実は、今は玄米を薦める私ですが、数年前までは、白米が大好きでした!

周りの人が、健康の為に玄米食をするのを尻目に、「ご飯くらい美味しいの食べたいわー」と銀シャリ信仰者だったのです。

それが、一変するのが夫の癌発症でした。

517td4w4lql-_sx346_bo1204203200_

510nsscprzl-_sx344_bo1204203200_

「今あるガンが消えていく食事」「がんが自然に治る生き方」を皮切りに、自分なりに癌患者にいい食事をいろいろと調べてみると、やっぱり食生活の中心は玄米なんじゃないのかな?と思ったのです。

もちろん、玄米食べれば癌にならない、今ある癌が、玄米だけで治るということではないですが、一番身近で、最も生活に取り入れやすいのが、玄米食だと思ったような気がします。そして美味しいかどまさやさんのスーパー玄米に出会ったことも幸運でした。

 

今年(平成28年)の8月24日未明に夫は亡くなってしまいました。

きっと、今も応援してくれてますね。

えぇー、じゃあ、玄米食しても無駄じゃん!と思われるかもしれませんが、夫は玄米をあまり食べてくれなかったの。体調が悪くなって、食欲も減退している時に、白米から玄米に変えるのは、イヤだったんでしょうね。少しでも好きなもの、口あたりのいいもの、と癌が治る食事の真逆をいってたかもしれませんね・・・。残念です。

私としては、野菜スープと玄米を一緒に煮てポタージュにしたり、玄米ドレッシングを考えたり。『少しでもよくなりますように・・・』と細やかな祈りだったのかもしれません。

現在は、二人に一人が癌になる時代と言われています。

玄米styleスタイルに賛同してくださる方が増えて、前述の超、超強力デトックス効果で、癌患者さんが三人に一人、四人に一人とだんだん少なくなっていくことを心から、心から願っています・・・・。

息子二人が成人していることがせめてもの救いですね。医大生の次男には、父親の死を乗り越え、患者さんに寄り添えるお医者さまになってほしいと願うばかりです・・・。

若い頃の夫。玄米をあまり食べてくれなかったけど、私の活動には協力してくれて、このブログを開設して、玄米スタイルのタイトルも考えてくれました。きっと、今も応援してくれていますね。